【どれを選ぶ?】シミを取る薬(消す・治す・改善・薄くする)の決定版!


市販通販限らずたくさんある顔のシミ消し薬、美容液やクリームなどのコスメよりも効果がある医薬品なので信頼感はバツグン!だけど…

種類が多すぎてどれを選べばいいのかわからない!

あなたはドラッグストアや薬局でおすすめされるがままにシミ消し薬を選んでいませんか?どれが良いのかわからずとりあえず安い価格だけでシミ消し薬を選んでいませんか?実際に飲んでいる人からの評判が良い本物のシミ薬を徹底調査しました。

迷うこともなく後悔することもないシミ消し薬ナンバーワンは?

【総選挙】口コミ評判で人気のシミ消し薬ランキングベスト3

シミ消し薬ランキングの基準

20代~50代のシミに悩む女性ユーザーの口コミ評判、商品の有効成分、購入のしやすさ、改善できる悩みの多さで比較しています。


トランシーノホワイトC
ビタミンCとLシステインの含有量トップクラス

ロスミンローヤル
通販人気No1!ビタミン×システイン×9種の生薬

ハイチオールC+
シミを押し出すパントテン酸カルシウムをプラス
【効果】
しみ/そばかす/日焼け/かぶれによる色素沈着
歯ぐきからの出血
鼻血
【効果】
しみ/そばかす/日焼け/かぶれによる色素沈着
ニキビ/肌荒れ
小じわ
肩こり/腰痛/神経痛
のぼせ/めまい/耳鳴り
冷え性
【効果】
しみ/そばかす/日焼けなどによる色素沈着
全身倦怠/二日酔い
ニキビ
湿疹/じんましん/かぶれ
くすりまけ
【ビタミンC】
1000mg
【ビタミンC】
180mg
【ビタミンC】
500mg
【Lシステイン】
240mg
【Lシステイン】
160mg
【Lシステイン】
240mg
【付加成分】
トコフェロール
【付加成分】
9種類の生薬
【付加成分】
パントテン酸カルシウム
【内容量】
180錠/30日
(1日3錠×2回)
【内容量】
270錠/30日
(1日3錠×3回)
【内容量】
180錠/30日
(1日2錠×3回)
【お試し】
1,600円
(15日分入)
【お試し】
1,900円
(30日分入)
【お試し】
1,500円
(10日分入)
公式HP公式HP公式HP

 

お手頃価格No1
トランシーノホワイトC
4.8
メーカー第一三共ヘルスケア
通常価格2,600円
お試し価格1,600円(15日分)
定期コースなし
摂取年齢7歳以上
トランシーノホワイトC

トランシーノホワイトCはシミの原因となる過剰なメラニン生成を抑制するLシステイン、ビタミンCともにトップクラスの配合量をほこるシミ消し薬です。

特にLシステインは摂取最大量の240mgを配合しているため、比較的早い段階での美白効果が期待できそうです。

配合している有効成分の種類は少ないものの、シミ消し薬の価格としてはかなりリーズナブルなのも特徴的で、ドラッグストアや薬局でも手に入る市販薬のため手軽に試しやすい点においても高い口コミ評判を獲得しています。

ロスミンローヤル
効果体感口コミNo1
ロスミンローヤル
4.5
メーカーアインズファーマシー
通常価格7,600円
お試し価格1,900円(30日分)
定期コース5,800円/初回のみ解約OK
摂取年齢15歳以上

ロスミンローヤルは近年発売されたばかりの後発医薬品ながら女性からの支持率が急上昇している人気のシミ取り薬です。

ロスミンローヤルの最大の強みが「シミだけでなく小じわや女性特有の悩みにも対応」しているところ。冷え性や肩こりやPMSなどに有効な9種類の生薬をブレンドしている唯一のシミ消し薬です。

どちらかといえば高級なシミ消し薬といえますが、初めての購入価格がとても安いためお試ししやすい医薬品として新たな愛用者を増やし続けています。

ハイチオールCプラス
長年愛される市販の定番
ハイチオールCプラス
4
メーカーエスエス製薬
通常価格4,200円
お試し価格1,500円(10日分)
定期コースなし
摂取年齢7歳以上

Lシステイン量は最大量の240mg配合。そのほかお肌の新陳代謝をサポートするパントテン酸カルシウムも配合されているハイチオールCプラス。

昔からCMでも馴染みある医薬品のため「薬局で迷ったらハイチオールC」というイメージがありますが、美白効果もしっかり結果を出すバランスのとれたシミ消し成分を配合しています。

【合格ライン】シミに効果的な薬の選び方は?

一応医薬品はすべてシミに効果的な成分が含まれていますが、有効成分がどれくらい含まれるか?追加でどんな美容成分は含まれているか?などによって効果の違いに差が出てきます。

また、製薬会社が開発したのか?普通の会社が効きそうな成分を詰め合わせただけなのか?でも効き目の違いは口コミ評判にあらわれています。

ここで「優良なシミ消し薬」を選ぶ際に参考にすべき条件を紹介します。

シミ消しに必須の有効成分が配合されているか?
5

シミ消し薬として一番大切なことですが、シミを改善させるための成分がしっかり配合されているかはまず初めにチェックしましょう。2大必須成分はLシステインとビタミンC(アスコルビン酸)です。

さらにあればうれしい成分は肝斑に効果的といわれるトラネキサム酸、シミそばかすに有効なビタミンEやシステインの原料となるメチオニンです。

肝斑は判断が難しいシミなので、基本的にはLシステイン&ビタミンCの配合が最低ラインになるでしょう。

配合量は多すぎても副作用のリスクが上がる
5

いくらシミに効く医薬品だからといっても飲みすぎると副作用を起こしてしまうケースもあります。

例えばビタミンCの1日の摂取推奨量は一般成人で100mgとされており、摂りすぎても尿と一緒に排泄されます。さらに1日3000mg以上の摂取で下痢や腹痛といった胃腸障害の副作用も確認されています。

またLシステインには摂取上限は定められていませんが、臨床試験でサプリメントの摂りすぎで吐き気や腹痛などの副作用が発生する可能性がある、と発表されています。

ビタミンCは普段の食事からもとれるため、サプリメントの含有量以上の摂取になるということを忘れないようにしましょう。

飲みやすい錠剤は添加物に注意
4

漢方など粉末タイプの医薬品よりも飲みやすい錠剤タイプの医薬品ですが、飲みやすくすることを目的とした添加物には気をつけましょう。とはいってもほとんどの錠剤には添加物が入っているのも事実。

ここで注目したいのが成分表示です。上から順番に「配合量の多い成分」になっているので、なるべく最後のほうに添加物の表示があればOK。添加物といってもごく微量なら悪影響はないため「より少なく含まれているシミ消し薬」が優良といえます。

添加物一例:〇色〇号、タルク、炭酸Ca、無水ケイ酸、酸化チタン、アラビアガム

製薬会社の開発が安心安全
3

化粧品やサプリと違って医薬品は「配合バランスを間違えると危険」です。より安全なものを選ぶのであれば製薬のプロが開発を手掛けている商品がおすすめです。

また、商品が良くても生産工場がずさんでは本末転倒。なるべく海外生産は避けて国内生産のものを選んだほうがいいでしょう。

価格は高すぎても安すぎてもデメリットがある
2

保険適用の効かないシミやしわの美容目的医薬品。なるべく安く済ませたいところですが安すぎて(コストを下げすぎて)効かない薬は数多く存在します。反対に高級な医薬品なら絶対にシミが消せるという確証もありません。

金銭的にも効果的にも低リスクでシミを消したいなら、おすすめの価格帯は3000円~5000円前後の継続料金が妥当です。なお、通販によくある定期コース初回割引(大幅の割引)の価格は除きます。

【比較】シミ消し薬全8アイテムの成分と効果

シミ消し薬の有名なアイテム全8種類の成分を比較しました。おもにメラニン色素を抑制する美白成分と、美白成分をサポートする有効成分の量で比較しており、サポート成分が充実するほどシミに対しての相乗効果が期待できます。

※◎=とても多い/〇=多い~少しでも含んでいる/×=配合なし


トランシーノ
ホワイトC

ロスミンローヤル

ハイチオールC
プラス

ミルセリン
ホワイトNKB
【システイン】
【システイン】
【システイン】
【システイン】
【メチオニン】
【メチオニン】
【メチオニン】
【メチオニン】
【ビタミンC】
【ビタミンC】
【ビタミンC】
【ビタミンC】
【ビタミンE】
【ビタミンE】
【ビタミンE】
【ビタミンE】
【ビタミンB5】
【ビタミンB5】
【ビタミンB5】
【ビタミンB5】
【ビタミンB6】
【ビタミンB6】
【ビタミンB6】
【ビタミンB6】
【リボフラビン】
【リボフラビン】
【リボフラビン】
【リボフラビン】
【生薬】
【生薬】
【生薬】
【生薬】
公式HP公式HP公式HP公式HP

 


システィナC

キミエホワイト

ピュアホワイト

チョコラBB
ルーセントC
【システイン】
【システイン】
【システイン】
【システイン】
【メチオニン】
【メチオニン】
【メチオニン】
【メチオニン】
【ビタミンC】
【ビタミンC】
【ビタミンC】
【ビタミンC】
【ビタミンE】
【ビタミンE】
【ビタミンE】
【ビタミンE】
【ビタミンB5】
【ビタミンB5】
【ビタミンB5】
【ビタミンB5】
【ビタミンB6】
【ビタミンB6】
【ビタミンB6】
【ビタミンB6】
【リボフラビン】
【リボフラビン】
【リボフラビン】
【リボフラビン】
【生薬】
【生薬】
【生薬】
【生薬】
公式HP公式HP公式HP公式HP

比較してみると一目瞭然でほとんどのメーカーはLシステインとビタミンCを優先しています。シミ消し薬として必須の2大有効成分となり、どのメーカーも1日の推奨摂取量はクリアしていました。

ここで差をつけるのは「2大有効成分」をサポートできる有効成分がどれだけ豊富に含まれているか?ここを踏まえた医薬品ほど美白はもちろん、エイジングケアの対応範囲が広いということになります。

効率よくシミを消すために必要な血行促進

シミを消すために必要な成分はLシステインやビタミンCなどのメラニン色素をブロックする成分ですが、「効率よくシミを消すために」は血行を促進させる必要があります。

事実、シミができやすい女性の傾向を見ると一目瞭然で、冷えやむくみといった血行不良からなるトラブルを抱えているケースが多いんです。ではなぜ血行不良の改善とシミの改善が密接な関係にあるのでしょうか?

血行はターンオーバーを促進させる大きな要素

血流の良い人と悪い人の差はお肌のターンオーバー(新陳代謝)に影響してきます。血流の良い人ほどターンオーバーがスムーズに行われやすくなるため、角質層にとどまったメラニン色素を排出もスムーズに行われます。

一方、血流の悪い人ほどターンオーバーが滞り、お肌の再生が遅れてメラニン色素がいつまでも角質層で大渋滞を起こしている状態になりがちなんです。

メラニン色素はお肌の奥からどんどん生み出され、角質層で古いメラニン色素と重なり合ってより濃いシミを作り出します。

血行促進の効果をもつ成分は?

血行促進は日常の運動や入浴(湯船につかる)などでもうながされますが、習慣化させなければ焼け石に水状態に。そこで活躍するのが体内に取り入れる成分ですが、一般的にはショウガや生薬(漢方成分)が有効とされています。

ショウガはともかく生薬を日常の食事に取り入れることはむずかしいため、シミを消す薬のほかに以下の生薬も摂取すると良いでしょう。

  • トウキ
  • センキュウ
  • ニンジン
  • シャクヤク
  • タクシャ
  • ローヤルゼリー

「そんなにたくさんの生薬までそろえきれない!」という場合はロスミンローヤルなどの生薬配合のシミ消し薬がおすすめです。

20代~50代に一番人気急上昇なシミ消し薬は?

20代~50代の女性からの人気が急上昇しているのはアインズトルぺのロスミンローヤルです。LシステインやビタミンCの配合量的には他の市販薬よりも若干少ないのですが、ロスミンローヤルだけの持ち味「小じわの改善」が大きな魅力になっているようです。

比較すると2017年現在のところはシミと小じわの両方に効果があるシミ消し薬はロスミンローヤルだけでした。次いで女性特有の冷え性やうつ、PMSなどにも有効な9種類の肌荒れ改善生薬が配合されています。

30代~50代の悩みはシミだけじゃない?

ロスミンローヤルの人気が高い理由は、シミに悩む女性はシミだけでなく他の悩みも併発しているケースが多いためでしょう。特にお肌の曲がり角といわれる30代以降の女性はできてしまったシミを排出する回復力が衰えてきます。

お肌の回復力はLシステインやビタミンCの摂取だけでは不足するため、女性の肌老化に必要な成分をバランスよく摂り続ける必要があります。30代以降のシミ取り薬にはシミ以外に効く成分も必要ということですね。

【比較】シミ消し薬とシミ消しサプリは全然違う?

シミ消し薬とシミ消しサプリを比較してみましょう。シミ消し薬は基本的に医薬品で、シミ消しサプリは近年話題の日焼け止めサプリなどが該当します。ではこれらの効果や副作用はどれだけ違うのでしょうか?


第一類医薬品

第二類医薬品

第三類医薬品

サプリメント
【商品例】
ロキソニンS
ガスター10
【商品例】
正露丸
バファリン
【商品例】
ロスミンローヤル
ハイチオールC
【商品例】
ホワイトヴェール
ポルク
【効果】
【効果】
【効果】
【効果】
【副作用】

不安定
【副作用】

やや不安定
【副作用】

安定はしている
【副作用】

ほぼなし
【購入手段】
要薬剤師立ち合い
【購入手段】
自由に購入可
【購入手段】
自由に購入可
【購入手段】
自由に購入可

シミ消し効果を優先するなら第三類医薬品がおすすめ

一般的には第一類医薬品から順に効果は低くなるものが多いですが、逆に副作用のリスクは第一類医薬品が高く、さらに上の要指導医薬品(劇薬やアレルギー治療剤など)の副作用リスクは未知数です。

ただ、現在のところは世に出回っているシミ消し薬は第三類医薬品のみ。効果はサプリよりも期待度が高く、副作用のリスクは他の医薬品よりも安定しています。

この特徴がそのままシミ消し薬の人気の要因といっても過言ではないでしょう。

シミ消し薬は副作用をしっかりチェック!

シミ消し薬は医薬品のため「用法用量」が存在します。そして用法用量を守らず飲んだ場合は副作用のリスクが高くなるのが特徴です。

良くある間違った見解が「あの人が問題なかった飲み方なので自分もまねる」です。まあいいだろう、的な考えが副作用のリスクを高めますので飲む前にしっかりと確認することです。

シミ消し薬の主な副作用

■胃腸障害…空腹時に飲んだ、他の薬との飲み合わせを確認せずに飲んだ、数回分をまとめて飲んだなど、用法用量を逸脱した飲み方で起こる代表的な副作用です。

■生理の周期乱れ…ごくまれに起こる副作用で、可能性として考えられるのが薬によるホルモンバランスの変化です。めったに起こることではないものの事前に知ることがむずかしいため、お試しでテストする必要があります。

■かゆみや湿疹…ごくまれに起こる副作用です。原因は薬に対するアレルギーや他の薬との飲み合わせによるものが多いようです。過去にアレルギー症状の経験がある場合は使用前にお医者様に相談しましょう。

チェック! シミ消し薬の一般的な正しい飲み方


シミ消し薬の正しい飲み方を紹介します。ただし、ここにあげるものは一般的な医薬品の用法用量に準じていますので、実際に使用するシミ消し薬の説明書もしっかり確認しましょう。

  • 飲み忘れた回はあきらめる(後でまとめて飲まない)
  • 食事がとれない場合でもゼリーなど胃に何か入れてから飲む
  • 必ず食後30分以内に飲む
  • お茶やジュースはNG ぬるま湯や水で飲む

このシミ薬で消せる?シミの種類と治療法

シミには薬で消せるシミと消しにくいシミがあります。シミの原因は紫外線、お肌への刺激やニキビなどによる炎症で大量発生したメラニン色素。シミ消し薬はこのメラニン色素を分解し排出させるパワーを持っています。

ただし、長年にわたり何層にも重なりすぎた濃いシミの一種などは、薬や化粧品では消しきれないものも存在します。

薬で消しにくいシミ

■脂漏性角化症(老人性疣贅)…もともとは老人性色素班だったものがゆっくりと進行してイボのようになってしまったシミ。良性の腫瘍ですが化粧品や薬では取り切ることはできず、液体窒素の凍結療法で治療していきます。

■花弁状色素沈着…おもに痛みを伴うほど重度の日焼けを放置した場合にできるシミです。直径数ミリ程度の花弁状のシミで肩に近い背中にできやすいです。シミが皮膚の奥でとどまっていることが多く、薬よりも美容外科でのレーザー治療が効果的です。

薬で消せるシミ

■老人性色素班…もっともポピュラーなシミでおもに紫外線を受けやすい部位に不規則に発生します。進行具合にもよりますがシミ消し薬や薬用基礎化粧品でも薄く消していくことが可能です。

■炎症性色素沈着…ニキビや虫刺され、お肌の摩擦が大きい箇所にできやすいシミです。剃毛処理をカミソリでしている場合にもできやすいです。長年放置しているシミでなければ薬や薬用基礎化粧品でも薄く消していくことが可能です。

■肝斑…妊娠~出産後や更年期など、女性の節目の時期に起こるホルモンバランスの変化やストレスなどで発生するシミです。老人性色素班と似ていますが頬の左右対称にできるのが特徴。原因は違えどメラニン色素によるシミなのでシミ消し薬で対応可能です。

■雀卵斑(そばかす)…遺伝の要素が大きく影響するシミで、特に欧米人に多く発生しています。部分的にメラニン色素が発生しやすくなる症状ですが、メラニン色素によるシミなのでシミ消し薬で対応可。ただし、メラニン色素ができやすい体質までは変えることはできません。

手術よりも前に試しておきたい手段「薬」

薬で消しにくいシミはもちろん、薬で消せるシミも美容皮膚科でのレーザー手術などで治療することができますし、薬よりも即効性の高い効果が望めます。

ただ、その代償として保険が適用できない高額な資金と、万が一の失敗の場合のリスクの大きさがネックとなっています。

そのため、薬で消せる種類のシミであればまずは薬での治療を試してみるのが賢い選択といえます。

シミ消し薬のよくあるQ&A

シミ消し薬は保険適用できますか?
できません

医薬品でも美容目的のシミ消し薬は保険適用や医療費控除は出来ません。なお、病院によっては処方されるトラネキサム酸に保険適用されたというケースもありますが、法律的には保険適用できないのが普通です。

シミ消し薬と飲み合わせで相性が悪いものは?
特にありませんが

シミ消し薬は同時に飲むと相性が悪いものは基本的にはありませんが、他の「薬」を処方されている場合はかかりつけのお医者様に必ず確認するようにしてください。薬によっては効果を阻害する成分も配合されています。

Lシステインを摂ると白髪になりやすい?
根拠のない副作用

一部でシミ消し薬にも含まれるLシステインを摂ると白髪になりやすいという話題が上がっていますが、事実関係は分かっていないため根拠のない副作用といえます。

シミ消し薬はどれくらいの期間飲めば効果が出る?
約1ヵ月後あたりから改善の声があり

効果の出具合は完全に個人差があるため一概には断定できませんが、シミを消すメカニズムが「ターンオーバーの活性化」ということもあり、約1ヵ月後あたりから効果を体感はじめている声があります。

シミ消し薬はいつ飲む?
約1ヵ月後あたりから改善の声があり

シミ消し薬は医薬品です。他の医薬品に多い用法ですが「食後30分以内のタイミング」で飲みます。まとまった食事がとれない場合でも何か軽く胃の中に入れてから飲むことで胃腸障害のリスクを避けることができます。